2010年03月17日

SPIRIT AWARDS ROUNDTABLE

いまロスにいます。
早速、independent film awardsの前の、監督のインタビューに参加しました。
大変面白いディスカッションが行なわれていました。当然だと思いますが、やはり脚本に息を吹き込む為にはパーソナルでなければ書けないという話もあり、映画作り全体の話がありました。そこで一番はっきり出ていたポイントは、やはり、アメリカでは映画作りが大変難しくなっていると言う事でした。ここで取り上げられた3本の映画は、いずれも資金はドイツ、フランスなど、アメリカからではなかったということです。さらにケータイなどでも映画が観られるようになっていくことによって、本当にどうしようと、 ユーモアも混じえて話していました。
こういう会では、終わってから監督などと話もできます。Micheal Hoffman とも話しましたが、Tokyo Film Festivalの第一回目の時に初めて日本に行って、大変面白かったと言っていました。

*SPIRIT AWARDS ROUNDTABLEとは、今年のSpirit Awardにノミネートされた作品の監督たちが、それぞれの作品の内容やチャレンジしたこと、自らのビジョンやアートに対していかに真実を追究したかなどを語る場です。

Panelists
Cherien Dabis (writer/director, Amreeka)
James Gray (director, Two Lovers)
Michael Hoffman (writer/director, The Last Station)

Moderated by Michael Cieply
posted by Yoko Narahashi at 14:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。