2008年09月28日

マーク・ライデル氏による講演

003.jpg

私はロスアンジェルスを訪れるたびにアクターズ・スタジオに行って俳優のセッションと、脚本家、演出家のセッションの両方を見学するようにしています。
演じられているシーンをみて「俳優がいかに自分の技術を改善できるか」をじっくり考えることの出来る計り知れないほど貴重な時間を過ごすことのできる場所です。
マーク・ライデルはマーティン・ランドーと交代してセッションの司会をしています。経験いかんにかかわらず、有名であろうとなかろうと、コマーシャリズムから無縁な、創造的で安全な環境の中で、自分の技術を鍛えることのできる素晴らしいシステムを、長い間、継続的に保っているアクターズ・スタジオに対して尊敬の念を私はいだいてきました。いままで長い間度々このような素晴らしい場所が日本にもあったらばなと思っていました。

ここ15年にわたり毎年招聘してきたヘディー・ソンタッグから2〜3年前に、マークを日本に呼ぶことを勧められました。
彼が映画を監督していたため、ここ数年はスケジュールが合わなかったのですが、とうとう今年、UPSアカデミーの10周年記念の事業の一つとしてマーク・ライデル氏を日本にお呼びできる光栄に浴しました。

UPSの卒業生、講師と同時に2年生によるシーンのセッションのいくつかを、マークに見てもらうことができました。彼は、生徒一人一人に自分の舞台上の立場が何であるかを見つけ出させることに時間をさき、自分自身の中にある真理を追究することに手助けしてくれました。 

一見簡単に聞こえますが、本当に演じると言う事は想像上の状況では容易ではありません。しかしながらマークと話していくと、俳優達は、自分自身の内面に触れることができ、演じる役がどのように感じているかを本当に自分のものにすることができ、マークが意味する事を理解していくことがよくわかりました。たいていの場合、俳優達は役についてわかっているように思っていますが、概念と個人的な自分自身の内面とを充分に結合できないのです。

セッションはすべての生徒達、シーンを実際に演じた者だけではなく、シーンを見て彼の寸評を聞いた者にとっても、感動と刺激の源でした。彼が見てくれたシーンのいくつかから青山学院での講演でみせるシーンを選びました。

マークは好印象を持った数シーンの中から二つを選びました。彼はそのシーンを演じた俳優達の演技に力強さと真実を感じたのです。そのひとつは日本のオリジナルの芝居で、事実日本語で演じていたにもかかわらず、彼は十分に理解できたものでした。もちろんマークには翻訳を渡したのですが、シーンのエッセンスや二人の人物の間にある矛盾も理解できたようです。

もうひとつのシーンはテネシー・ウイリアムスの「地獄のオルフィス」で、UPSアカデミーの講師の一人と卒業生の一人が演じました。彼らは二人とも演じるために克服したいと思っていた自分自身の中にある障害物をかかえていました。彼らの間にある性的緊張状態は深刻で、孤独と絶望的な欲求に触れる勇気を持たねばならなかったのです。それが、レクチャーを見ていた800人を超える人たちの前で演じたとき、彼らは飛び越えたのです。それは俳優が一度やる気を出し、演技をとことん追求しよう言う強い心を持てば、成し遂げることができた一つの素晴らしい例でした。

マークの東京滞在最後の日に1000人近くの聴衆を集め、講演が開かれました。
講演の第一部はマークの出演した映画や監督製作にあたった映画のシーンについての話しが含まれていました。またアクターズ・スタジオについても話してくださいました。
第二部は実際に演じたシーンをみて彼がコメントしてくださいました。彼がコメントできる時間が、充分でなかったのが残念でしたが、活発な質疑応答の時間が持てました。

マークは、演技、又演技することへの姿勢について、情熱的に語り、俳優達を鼓舞してくれました。
最後に、彼は言いました。「どうしても必要でなければ、演ずるな」。
と言うのは、俳優というものは何回も拒絶に直面するつらいものなのだからと。それと同時に、夢にむかって一生懸命な者に対して激励してくださり、私も確かに改めて元気づけられました。

マークの演技に対する考えを我々に伝えてくださるにあたり、見せてくださった誠実さ、正直さ、率直さ、そして情熱には感謝しても感謝しきれません。

彼の計り知れなく貴重な教え、激励がもとになり、アクターズ・スタジオの精神を設立するという夢がここ日本でも住処(すみか)を見つける事が出来るよう願ってやみません。

002.jpg

Lecture by Mark Rydell, Director, Producer, Actor

Every time I visit LA, I would go to the Actors’ Studio and see the actors’ sessions as well as the writers’ and directors’ session. It is an invaluable time for me as I can watch scenes and contemplate on how the actor can improve his /her craft. Mark Rydell would take turns to moderate the sessions along with Martin Landau. I have always had the greatest respect for the Actors’ Studio as they have continued for so long, with a wonderful system where actors – no matter how experienced or famous, can work on their craft in an environment which is creative, safe and free from any commercialism. I have so often and for a long time wished that we could have such a place in Japan.
A few years ago, Hedy Sontag whom we have invited every year for over 15 years had suggested that I ask Mark to Japan. Our schedules didn’t coincide for a couple of years as he had a film to direct, but finally this year, on our 10th anniversary of the UPS ACADEMY, we had the great pleasure of being able to invite Mark Rydell to Japan.
He was able to see several sessions of scenes done by the second year students as well as several graduates and instructors of the academy. He would talk to each student in length to find out what their situation was and would help them work more towards the truth in themselves. As simple as it sounds – to REALLY do under imaginary circumstances, is not easy. However we could see actors who, when talking to Mark, were able to reach inside themselves to REALLY feel what the role was feeling and realize that was what he meant. Most often actors THINK they know what the role is about but do not connect fully with the idea and their personal, inner self.
The sessions were a source of inspiration to all the students, not only those who did the scene but for all those who observed the scenes and his commentary. From the scenes he saw, we talked of which we could show at the final lecture.
He was impressed by several scenes but chose two out of several. he felt the actors were powerful and truthful in their acting. One scene was from an original Japanese play which he understood very well despite the fact that it was in Japanese. We of course gave Mark the translation but still he could get to the essence of the scene and the conflict between the two characters. The other scene from Orpheus Descending by Tennessee Williams was acted out by an instructor of Ups Academy and a graduate . They both had an inner obstacle they wanted to overcome in order to act. The sexual tension between them would be intense and they would need to have the courage to get in touch with the loneliness and their desperate need. They made the leap when they performed in front of over 800 people watching the lecture. It was a beautiful example of what an actor can accomplish once he has the dedication and committement to pursue his art.
We held his lecture on the last day of his stay for an audience of near 1000 people. Part one of the lecture involved scenes from Mark’s films as well as one in which he appeared. He also talked about the Actors’ Studio. Part two involved showing the scenes and his commentary. We wish we had more time for him to comment but had a very interactive question and answer period.
He inspired the actors in the fact that he himself was so passionate in talking about acting and what it takes to act. Ultimately he mentioned that if you don’t need it, don’t act – it is just too hard as actors need to face rejection many times. At the same time, all those who are working towards their dream were encouraged and I’m sure reenergized.
I cannot thank Mark enough for his earnestness, his honesty, his integrity and passion in relaying his thoughts on acting.
With Mark’s invaluable contribution and encouragement, I do hope that the dream of establishing the spirit of the Actors’ Studio can find a home here in Japan as well.

001.jpg


*オーディション・キャスティング・演技指導のUPS Academy
posted by Yoko Narahashi at 14:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。