2010年11月25日

IMPRO

もう大分前になりますが、「即興」というものを周りにいる役者達に紹介しました。なぜなら、日本の教育には不足している要素がその中にあったからです。一つは、間違いをおかしてもいいということ。そこから学べるし、自分に笑えるようになるからです。それから、人と協力することによって協調性が養っていけること、そして、その瞬間ごとに飛び込める勇気と度胸を養えることです。

吉田敦さん、神田瀧夢さん(その後、アメリカのリアリティテレビ番組にキャスティングし、2年間全米で放映、今は日本で人気上昇中)に最初に紹介し、”どう、日本ではこういうのは初めてだけど、あなた達からやってみない”と言ったのが始まりでした。それから色々な講師を日本に呼んで、多くの俳優達が学びました。カナダ大使館でも公演をやりました。それから何年にも渡って、この即興が広がり、いくつもの集団が生まれました。今井純さん、池上なおみさんなど、皆活発に活動しています。

その一つのリーダーが佐久間一生くんです。本当に良かった!11/15の朝日新聞夕刊で紹介されたと連絡がありました。おめでとう!素敵なお仕事をやってますね!ちなみにアップスアカデミーのクラスにも、この「即興」の授業を加えています!

A Mind in panic is brilliant to see!! VIVA IMPRO!!!
posted by Yoko Narahashi at 18:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。